第831回花育講座例会

街のクリスマスの飾りつけが綺麗です。
どこからとなくジングルベルが聞こえてきます。
大人から子供まで世界中の人が楽しみにしているクリスマス、
今晩はクリスマスフラワーアレンジメントに挑戦です。

例会司会は榎戸Lです。
開会宣言及び開会ゴングを同じく榎戸Lが行いました。

「静岡にもコロナが増えてきて怖いです。
今日は私の学生時代の先輩の田島様に
フラワーアレンジメントをお願いしました。
田島様は昨年清水ロータリークラブの会長さんを務めた方です。
我がLCにお誘いするのはちょっと無理ですね。
楽しい講座になると思います。」

国旗に礼・国歌斉唱・ライオンズヒムの歌斉唱ですが
今回も飛沫を避けて清聴となりました。

次に鳥巣会長の挨拶です。

「今日は例会に出席して頂き有難うございます。
出席できるということは健康な証拠です。

この時期、果物屋さんの店頭には色々な果物が豊富に並んでいます。
柿、ぶどう、ミカン等果物は健康に良い食べ物です。
先日、ミカン狩りに行ってミカンを沢山取ってきました。
私は今、干し柿作りに挑戦しています。

世の中コロナで皆が大変な思いをしていますが、
早くワクチンが開発されて終息してもらいたいものです。」

ここで会長より榎戸Lに
「薬物乱用防止認定講師」の受講証が渡されました。

次に増田幹事より幹事報告がありました。


「先の例会で承認を頂いた親クラブ静岡葵LCとの合併について、
11月13日のガバナー諮問委員会で4Zのクラブに報告をしました。
合併のための葵LCとの合同委員会のメンバーは
榎戸L、鳥巣L、増田L、山形L,山田靜雄Lです。
ご要望、気掛かりなことがあれば是非ご相談ください。」


友廣Lより献血活動の報告と黄色い羽根募金のお願いがありました。
「献血活動が新聞、TVで報道され、
こんなに社会的に影響があるとはびっくりしました。」

ここで田島講師による花育講座の始まりです。


「今日はお招き頂き有難うございます。
先程ご紹介があったように
私は清水ロータリークラブに所属しています。
社会貢献という点ではライオンズもロータリーも同じです。

今日はクリスマスのフラワーアレンジメントを
作って頂きます。

皆様のテーブルに白い紙で包んだお花があります。
まずそれを開いてください。」


緑色の木がひむろ杉、赤い花が千日紅、白い花がカスミ草、
黄色の花が秋にしかないツルウメモドキ。
その他に赤いリボンなどのオーナメントが入っていました。

講師の指導のもと早速作業に取り掛かりました。


まずバスケットに赤いセロファンを引き、


バスケットの中の水分を含んだスポンジにひむろ杉を刺していきます。


皆さん真剣そのもの






そうでないカメラ目線の人もいました。



見事に完成です。


クリスマスの飾りによく使われる赤はイエスキリストが流した「血」
白は「純潔」緑は「永遠の命や愛」の意味があるそうです。
とても華やかな彩りですね。


会長よりお礼の言葉がありました。

田島講師は「コロナ禍で観光業や飲食業が話題になりますが、
私達の業種も苦戦しています。
普段お花を使ってくれるブライダルや葬儀の需要が無くなってしまいました。
このようなことは今まで経験したことがありません。
皆様もお花に心を向けてください。お花に触れると心が和みます。
今日は有難うございました。」

TTタイムを高柳Lが行いました。


出席率の発表を服部Lが行いました。


閉会宣言及びローア・閉会ゴングを山田靜雄Lが行いました。


「今日の花育講座はとても勉強になりました。
このように与えられた材料で作る喜び、
そして綺麗なものを鑑賞する喜び、
とても生産性のある行為で認知症予防に効くと思います。」

薬学の先生ならではの挨拶で閉会です。

記事・写真:広報委員 斉藤 攻